坐骨神経痛の主な治療法とは

坐骨神経痛は腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な要因によって圧迫されることで現れる、痺れや痛みといった症状のことです。

 

坐骨神経痛の原因は主に2種類に

年齢が若い場合では「腰椎椎間板ヘルニア」が原因の場合が多く、高齢者の場合では「腰部脊柱管狭窄」が原因となる場合が多いです。そして、腰椎椎間板ヘルニアも腰部脊柱管狭窄症も腰椎の異常が原因となって坐骨神経が圧迫され、下半身に痺れや痛みを引き起こしています。

 

坐骨神経痛の治療に関しては痛みを取り除くことが最優先となっていて、薬物療法や神経ブロック療法、理学療法等が試されますが、それでも痛みが軽減されない場合や膀胱や直腸といった臓器に障害が現れた場合には外科的療法が検討されます。

1・薬物療法

ri

痛み止めとして「非ステロイド性消炎鎮痛剤」が用いられるケースが多く、その他にも神経の痛みに対しては「神経障害性疼痛治療薬」、筋肉の緊張を抑える「筋緊張弛緩剤」などが併用されます。

 

2・神経ブロック療法

局所麻酔薬によって痛みが伝わる神経をブロックしてしまう治療法で、痛みが緩和されることで筋肉の緊張が無くなり血流も改善されます。しかし、1回の注射で完治するのではなく薬物療法と併せて複数回実施することが一般的となっています。

 

3・理学療法

神経痛により痛みが強いと動きたくなくなりますが、長期間にわたって動かさない状態が続いていると、筋肉が痩せて関節も固くなってしまいます。そのため、理学療法では痛みを取り除くだけでなく、筋肉や関節を動かすトレーニングをすることで日常生活の質を向上させる訓練を行います。

 

4・外科的療法

手術による治療法となっていて、神経を圧迫している原因を取り除く手術が行われます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ