座骨神経痛の痛みやしびれを改善するには

下半身のしびれや痛みが起こったとき、まず疑われるのは座骨神経痛です。

腰痛は腰の部分の痛みを言いますが、座骨神経痛はお尻から下肢にかけて、太腿、すね、ふくらはぎなどに現れます。症状はしびれであったり、つっぱりであったり、痛みがひどい場合は、歩行困難になったり座ることができなかったり、夜眠れないほどの激痛を起こすこともあります。

arukenai

座骨神経痛の原因には、主に脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニア

 

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫して起こります。脊柱管というのは、背骨の間にある神経が通っている隙間のことです。下半身のしびれや痛みの他、麻痺や歩行障害を起こすこともあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨のクッションの役割をしている椎間板の炎症によって起こります

 

椎間板の中には髄核というゼリー状の物質がありますが、これが押し出されて脊柱管の中を通っている神経を圧迫して起こるものです。背骨の中でも腰の辺り(腰椎)で起こると、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

 

腰椎椎間板ヘルニアは若い人でも起こりますが、脊柱管狭窄症は中高年に多く発生するものです。脊柱管が狭くなる原因が老化によることが多いからです。

 

治療は、痛みをとることが中心になります。多くの場合には消炎鎮痛剤を用いたり、また、症状に応じて、筋肉の緊張を和らげる薬や、血流を改善する薬を用います。

 

理学療法も合わせて行うと痛みの改善に効果的です。運動療法や温熱療法によって、筋肉の緊張をほぐして血流を改善します。

 

痛みを止めるだけでは、根本的な解決にはならず、再発する恐れも大きいです。長期に渡る予防や改善には、日頃の生活習慣から変えていかなくてはなりません。

 

腰への過度の負担や、体重が左右に偏ってかかるようなことはよくありません。悪い姿勢は、腰痛はもちろん、坐骨神経痛にもよくありません。脚を組んで座ったり、横座りしたり、ふんぞり返ったり、こういうのは、普段からの習慣で直していきたいものです。肥満ももちろんよくありません。

 

また、毎日ストレッチを「して、筋肉を伸ばしたりほぐしたりすることも効果があります。ただ、無理をしないことが大切ですし。痛みがあるときなどは、安静にしていなければなりません。

効果を感じるまでには時間がかかるかも知れませんが、普段の生活から見直していくことが、予防、改善には非常に大切なことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ