3度めの妊婦中に骨盤が歪み坐骨神経痛になった

私はこれまで2度の出産を経験しました。

そして今回3度目の妊娠が発覚。マタニティーライフと聞くととても幸せな気分に浸れそうだけれど、私の場合はこれまで2度の出産でとても大変なマタニティーライフを送ってきました。

お腹が大きくなるとどんどんと体勢が変化してきて、歩き方もがに股歩きになったり、ただ立っているだけでも腰を反らすような姿勢になります。座ってる時もクッションを使いながら楽な姿勢をとってしまうのでもちろん骨盤自体が歪んでしまうような体勢を知らず知らずしていました。そして安定期と言われる妊娠5ヶ月以降から徐々に症状が現れてくるのです。

妊娠

■腰痛の始まり

最初はなんだかお尻の辺りが痛いなと感じ始め、腰痛かなっと思っていました。重い感じで歩くのがちょっと辛いなと感じるくらいでした。
特に何かするわけでもなくただ我慢して過ごしていました。

でも、ある日突然お尻の辺りに激痛が走りました。もう声が出てしまうほどの激痛で、立っていられなくなりすぐにソファに横になりました。
横になると楽にはなるのですが、やはり歩くと激痛の繰り返しで、妊娠中は適度な運動が必要なのに歩く事が辛くて辛くて外出する気にもなれない程でした。

その内横に寝ていても大きいお腹のせいで寝方も安定しなくなり、さらに寝ていても痛みを感じるようになっていきました。お尻の辺りにクッションを入れて寝てみたりもしましたが緩和されるのは少しの間だけでした。痛みがある部分をグリグリと自分の感覚で押してみたりマッサージもしてみましたがそれほどの効果はありませんでした。

妊娠中にする妊婦帯も私には窮屈なだけでまったく効果はありませんでしたが、外出時はお守りのような感じで着けてはいました。


■妊娠中は痛み止めは使えない

起きていても寝ていても痛い日々に耐えられなくなってきて、いろいろ調べると、坐骨神経痛と言う言葉が出てきました。
妊娠中にはよくあるらしく色々な人が痛みを訴えていました。ただ妊娠中はただただ我慢するしかないと耐えている方がたくさんいる事を知りました。

病院に行っても湿布などの薬療法もできないので出来ることが限られているので、病院で診断を受けたとしても治療と言う治療は受けられないと思います。
それで、妊娠中でもできるヨガが良いと調べでわかり、坐骨神経痛に良いとされるものを試してみたりもしました。

けっこう探すと色々とできるものがあるとわかり、ヨガ自体経験がなかったので、最初は本当に見よう見真似で本当にあっているのかわからない常態で取り組んでいました。

長時間外出が続くとやはり痛みは出ましたが、外出中も意識的にストレッチをしてみたりして日常生活を過ごすにあたってはとてもヨガは私にはよかったように思います。

毎日はできなかったけれども、運動も兼ねてできる範囲で取り組み、少しずつ坐骨神経痛の痛みが和らいできたように感じました。
そしてヨガと同時に試してみたのが鍼灸治療です。
これは坐骨神経痛に限らず妊婦には良いと聞き試さずにはいられませんでした。

鍼治療なので確かに恐怖感は最初ありましたが、鍼で神経に刺激を与える感覚がすごく良く、やり続けると刺激が効いてるとダイレクトに体で感じる事が出来てよかったです。

痛みも確かに筋肉が凝り固まっている部分はほぐすために少々刺激は強く感じますが、痛くてもともと辛くて通っていたし、鍼治療の前と後ではすごい体の軽さが違いました。とっても楽になり、鍼治療後はマッサージもしてもらえるのでリラックス効果もあり定期的に通いました。

出産する時も坐骨神経痛が酷いままだと力も入れられず苦しいと思うので、できるものは取り入れて少しでも出産を楽にできるように試してみて結果本当に良かったです。


妊婦ヨガ

■妊婦の治療鍼灸師

ただ妊娠中なので妊娠中でも大丈夫な治療院や鍼灸師をちゃんと探す事をおすすめします。

一人出産し、二人出産し、この方法でなんとか安産で出産する事ができているので、三人目も少しずつ痛みが出始めてきているのでそろそろまたヨガや鍼灸治療をしようと思っています。

本当は出始める前からやるのが良いのだとは思うのですが、私の場合は早産などの危険もなくもないので妊娠中は安定期に入ってからでなければいけないと思います。そして必ず産婦人科の先生に相談し許可を貰ってからが良いです。

あとは、坐骨神経痛は妊娠中でなくてもなるので骨盤ケアや日ごろからの姿勢、ゆがみなどに対する備え、椅子に座る時も腰にクッションを当てながら坐骨神経を予防することも大事な事だと思いました。
骨盤がゆがむとどうしても色々なところに不調が出てきてしまうので、それが結果として坐骨神経痛になってしまう原因にもなるので気をつけて日々暮らしていかなければいけないなと思います。

痛みがあるのにそのままでいると本当に歩けないほどになってしまい治すにも大変時間もかかってしまうので、早め早めに対策を取るのが良いと、経験してみて思いました。

三人目の出産に向けて私も坐骨神経痛とこれからまた向き合わなければいけないので大変ですがヨガと鍼治療で乗り切っていこうと思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ