椎間板ヘルニアになった時に足が痛くなったことはありませんか?

腰痛って辛いですよね。腰痛を経験したことがある方にしか分からないあの痛み・・・。腰の痛みには数日安静にしていると徐々に痛みのひいてくるものや、安静にしていてもずっと痛みの続くものもあります。

 

椎間板ヘルニアを経験されたことがある方はご存知の方もいると思うのですが、椎間板ヘルニアには腰痛として腰にくるもの、首をちょっとひねったのか寝違えたような鈍い痛みを感じるものなどがあります。

 

腰椎間板ヘルニアは腰を痛めた時に病院へ行き、レントゲンやCTを撮影した時に医師に判断されることが多いです。レントゲンを見ても普通の人は骨の並びがどうなっているのかよく分からないことも多いのですが、医師の説明で骨と骨の間にはクッションのような役割を果たすものがあるのですが。

 

という説明や、レントゲンを指さして、『この突き出してる部分が神経にあたって痛みを感じるのです』という説明をされた経験がある方も多いと思います。

 

椎間板ヘルニアになると、起き上がれないという症状が出ることもあり、痛みがある間は日常生活にも影響がでることもあります。

 

腰の痛みだけにとどまらず、下半身の痛みや足の痛みといった症状が出ることも多いです。

 

病院で診察してもらう時に、足をトントンされることや足をあげてみて下さいといわれ、足に痺れや痛みを感じて足をあげることができないという状況になることもあります。

 

腰痛やヘルニアときくと、何となく年を重ねた方に多いのでは?とイメージしがちですが、実際には10代で椎間板ヘルニアを経験される方もいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ