とっても不思議な症状

内科の開業医として地域に愛されるお医者さんとしての地位を築いた私には、大きすぎる悩みがあります。心当たりの無い足の痛みです。もともと健康に気を使っていたので、どうして突然このような症状が確認するようになったのか不思議でなりませんでした。

仲良くさせていただいている外科医に見てもらうと、持病である椎間板ヘルニアが原因であると言われました。確かに私は下積み時代に椎間板ヘルニアになってしまいました。それ以来腰の痛みに悩まされていましたが、それが原因で足の痛みが引き起こされるというのは初耳でした。しかし、実際にそのような症例があるようでしたので、受け入れるほかありませんでした。

それからは座っていると足も痛むようになりましたので、四六時中立ったまま診察を行うことになりました。椅子に座らない理由を患者様から問われて正直に答えると、自分の痛みを改善することができないような医者は信用することができないと言われたこともしばしば。とても辛い言葉を浴びせられることもありましたが、自分の生活や地域医療のために耐えました。

今でも椎間板ヘルニアによる足の痛みは改善していません。とりあえず最近では定期的に運動を行うようにしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ