初めは松葉杖とタクシーで施術に通っていました。椎間板ヘルニア

最初は寝たきりの一歩手前といった具合でした。

自力で立とうとしても足が痺れてうまく立てず、松葉杖があって数十メートルを歩くのが精一杯でした。

当然ながら仕事も手につかず、家事もままならない状態でした。

それが今では松葉杖を手放し、何とか家事をこなすまでに回復しています。

そろそろ仕事にも復帰できそうな兆しが見えてきたので、解決は近いのかもしれません。

 

椎間板ヘルニアと診断されてから整体院に通い、まずはその状態を何とかする事に専念しました。

整体で行うのは外科的な手術ではないので、根本的にヘルニアを除去するというものではありません。

しかし今、私はかなり腰痛が和らいでいるので椎間板ヘルニアの状態は回避されつつあるのだと言えます。

ヘルニアの事だけを考えていれば良いという訳でもなく、腰痛を全体として捉える必要があるそうです。

 

整体院の性質はかなり多様化していて、椎間板ヘルニアに対するアプローチ方法にもかなりの違いがあるようです。

私が通った整体院では椎間板ヘルニアの治療を積極的に行っていましたが、そうではない院もあるそうですね。

それぞれに主張があって掲げている以上、効果があるなら批評は不毛です。

ただ、私は整体院から椎間板ヘルニアが快方に向かっているのですが他の方も同じようになるとは言えないのです。

或いは手術が絶対に必要とされるような状況、という事も考えられますね。

とにかく私は回復したわけで、感謝するばかりです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ