子育て中に椎間板ヘルニアが発症

30歳で椎間板ヘルニアを発症しました。1人目を出産し、子育ての最中の事です。腰の痛みがひどく、最初は子供を抱っこするせいだと思っていたのですが痛みがひかないので病院へ行きました。病院で精密検査をしてもらった結果、椎間板ヘルニアと診断されました。

■マッサージの効果

マッサージ

ただでさえ子育てでボロボロなのに、椎間板ヘルニアであると判明し、とても辛かったです。世界が真っ暗になったような気分でした。

まず行ったのは近所の整体でした。頻繁に通って施術してもらい、自宅でできる体操やマッサージもいくつか教えてもらいましたが、一時的には良くなったような気がするものの、すぐにまた元通りです。

根気強く毎日すれば良かったのかもしれませんが、出産後、体力がまだ回復せず、寝不足が続く毎日の中で、子育てしながら体操を続けるのはとてもしんどかったです。

■整体治療と鍼灸療法

鍼灸治療

おまけに乳腺炎にもなってしまい、激痛と毎日戦いながら過ごしていました。だんなの前で毎日のように泣いていました。
整体にはしばらく通い続けました。自分で体操するのは限界があったので、通う回数を少し増やしましたが、費用がかかるので途中で断念しました。

次に行ったのは鍼灸院です。鍼灸院は以前に目と肩こりの治療で通って効果があったので、椎間板ヘルニアにも短期間で効果が出るかもしれないと期待していきました。

体に針を刺してもらい、施術を何度かしてもらったところ、腰の痛みが少し改善してきました。
どちらかといえば整体よりも鍼灸の方が私には合っていたと思います。でも、鍼灸に通い続けるだけで完全に治った訳ではありません。

結局、整体へ通うのも復活し、整体と鍼灸院にがんばって集中的に通い、子育てに慣れてきて体力が戻ってきた頃に自分で体操やマッサージするのもがんばれるようになってから症状は徐々に改善していきました。

椎間板ヘルニアの症状が改善して気にならなくなるまでには約1年かかりました。とても辛くて長く感じられた1年でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ