脊柱管狭窄症の症状を自宅で簡単に治す方法

脊柱管狭窄症の症状

  • 坐骨神経痛の痛み
  • 腰の痛み
  • すねの痛み
  • 足の突っ張るような感覚
  • 500メートル位しか歩けない
脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症の症状は、主に足の痛みと足のしびれ、悪化すると長く歩けずしゃがんだり椅子に座ったりすると又歩けるようになります。

 
足の痛み脊柱管狭窄症PC

脊柱管狭窄症は手術しないと治らないの?

脊柱管狭窄症でもあきらめることはありません。正しい狭窄症の体操を自分で行うことで改善している方が大勢いらっしゃいます。

痛みで会社も休み、家事も満足にできない、休み休みのくり返しになる前に対処しませんか?

 

脊柱管狭窄症の症状が改善しました

もう60才を過ぎ、今迄にさまざまな病気を乗り越えてきましたし、何があっても治療できるつもりでいます。

しかし、今回の腰痛は脊柱管狭窄症と診断されました。腰の痛みが本当に強く、もはや歩くことも思うようにはいかなくなってしまっているのです。

kosiitami

痛みが出始めて頃は、500m位歩けたのですが、最近では50メートルがやっとで大きな交差点は渡ることが出来ず、途中でしゃがんで休んでしまいます。

自分のような年になって歩くことをやめてしまったら、もう寝たきり生活が待っています。同年代の知人は、スポーツを楽しんだりしているのに、自分ときたらろくに歩くこともできません。

しかし、寝たきりになってしまったら、もう回復なんてそうそうできないのではないですか。だから、少しくらいは運動をしたいのですが、痛くてもうそれもできなくなっています。

私は、なんとかこの脊柱管狭窄症を治したくて、知人に相談したところ福辻先生の話を聞きました。病院でもよくならなかった脊柱管狭窄症ですが、歩けるまでに改善したとか。

早速、上福辻先生のDVDを購入して自宅での体操がスタートして、3週間くらいで変化が現れました。最初は、これで本当によくなるのか不安でしたが、実はすごく効果があって、とにかく歩けるくらいには回復しました。

そして順調によくなっていき、今ではもう1時間くらいは簡単に歩けるようになっています。

脊柱管狭窄症もよくなり、寝たきりにならなくてすみそうです。これからまだまだ色んなことに挑戦してみたいという意欲まで湧いてきたほどです。

 

脊柱管狭窄症は手術しないと治らないの?

脊柱管狭窄症でもあきらめることはありません。正しい狭窄症の体操を自分で行うことで改善している方が大勢いらっしゃいます。

 
痛みで会社も休み、家事も満足にできない、休み休みのくり返しになる前に対処しませんか?

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ