急性動脈閉塞症よる痛み

1. はじめに
急性動脈閉塞症は、血栓が動脈に詰まることで引き起こる疾患です。症状や予後は状態により様々で、部位によっては切断を余儀なくされる可能性もあります。

この記事では、急性動脈閉塞症とは何か、下肢に起こるとどのような症状が出現するのかをご説明します。

medical

2. 急性動脈閉塞症とは何か

急性動脈閉塞症は、動脈が血栓などで閉塞し血流障害が起こる疾患です。全身の動脈で引き起こる可能性がある疾患ですが、下肢動脈分岐部が好発部位とされています。

 

2-1.原因

原因は大きく分けて2つあります。

まず挙げられるのは、心臓から下肢動脈分岐部の間で動脈瘤を形成し、その血栓が原因となる場合です。胸部大動脈瘤や腹部大動脈に罹患していると、その部位で血流障害が生じます。

大動脈の正常な血管内径は成人の場合2-3cmあり、そこで血栓が閉塞する危険性は低いとされています。下肢動脈は、腹部大動脈が2つに分岐して成るため(つまり血管径が細くなる)、好発部位であると考えられます。

2つ目は、下肢動脈が動脈硬化や動脈炎、または局所的に圧迫されるなどして少しずつ血液が凝固し、血栓が形成されることが原因となる場合です。動脈硬化では、高血圧で血管そのものの弾力性が失われ、更に生活習慣により高脂血症や高血糖状態が続くことなどが原因で徐々に引き起こる疾患です。

動脈硬化を起こしているという事は、その血管内径が徐々に狭くなっていくという事なので、血栓がより閉塞しやすくなります。

動脈炎は、血管が傷害されて炎症を起こす場合や、難病として原因が明らかになっていないものなどがあります。動脈炎に罹患すると、動脈そのものが炎症症状(炎症の4兆候:腫脹、発赤、疼痛、熱感)を引き起こし、血流低下や虚血を引き起こします。

血液は血流低下などで血栓を形成しやすく、閉塞する危険性も上がります(つまり、外傷で痂疲を形成するのと同じです)。

また、急性動脈閉塞症は、基礎疾患に心房細動や弁膜症がある場合が比較的多く、これらも心房内での血流不全が原因です。

3. 下肢の急性動脈閉塞症の症状

human

先に説明した通り、急性動脈閉塞症は動脈の血流障害が急速に起こる疾患です。下肢に限定せず血流障害が起こると、該当する動脈支配のうち閉塞部位より遠位の組織が貧血状態になります。

すると、冷感や知覚異常、疼痛、痺れ、皮膚の蒼白などの症状が現れます。下肢では、大腿動脈、膝窩動脈、後脛骨動脈、足背動脈触知の消失又は不可の症状も挙げられます。

症状を自覚するに当たり、疼痛や痺れが比較的多く挙げられます。動脈閉塞により、該当する動脈が支配する部位に貧血が起き、皮膚や筋肉の細胞が栄養されず、また代謝により生成された老廃物が蓄積することで引き起こります。下肢の動脈分布を下記表に示します。

領 域 名 称

腹部領域 腹部大動脈(AA)
総腸骨動脈(CLA)
内腸骨動脈(骨盤内を循環)(ILA)
外腸骨動脈(ELA)
膝上領域 総大腿動脈(CFA)
深大腿動脈(DFA)
浅大腿動脈(SFA)
膝窩動脈(Pop-A)
膝下領域 前脛骨動脈(ATA)
後脛骨動脈(PTA)
腓骨動脈(Pero.A)
血流障害などで血液が停滞すると、更に血栓を形成するという悪循環が生じる可能性が高いため、上記の症状を認めた場合は早期解決が必要です。

4. おわりに
急性動脈閉塞症に限らず、血流不全などで症状が悪化した場合は切断を余儀なくされる場合もあります。
症状とメカニズムをご理解いただき、早期発見に努めていただけたら幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ