足の裏だけが痛くなる病気 足底筋膜炎を知っていますか?

kinnmakuenn

「足の痛み」で足の裏が痛くなる病気は、ぱっと思い浮かばないと思います。

足の裏の痛みでお悩みの方はいらっしいませんか?

その足の裏の痛み、
足底筋膜炎(そくていきんまくえん)という病気かもしれません。
陸上競技などのスポーツ障として起こることが多いのですが、40歳以上では一般の方にも起こります。

今回は、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)について解説していきます。
原因や、症状を知って早めに治療していきましょう。

足底筋膜炎の症状は?特徴は?

痛みの場所は多くは、かかとの骨の少し前あたりです。

痛みの感じ方の特徴は、人によって感じ方は違いますが、
「朝方に痛みが強い」「急に歩き出すと痛い」「かかとの骨の前方内側に痛いところがある」などです。

夕方にかけてどんどん痛くなる、足の指が痛い、などは別の病気が考えられます。

足底筋膜に炎症を起こす病気 足底筋膜とは?

足底筋膜とは、足の裏に膜のように張っている組織です。
いわば、身体の一番底を支え続けている組織なんですね。

足の指の付け根からかかとまでを、薄く幅広いしなやかで強い組織で、足底のアーチを守っています。

足底筋膜炎の原因は?

足底筋膜は、人が生まれてからずっと、身体の一番底で体重を支え続けています。
歩いたり、走ったりすることで負担がかかりすぎ炎症を起こした状態が「足底筋膜炎」です。

足底筋膜炎になってしまう原因は、

足裏に疲労が溜まりすぎて負担がかかっている
足の裏の足底筋膜が硬くなっている

事なんです。

ランニングの繰り返しや、ジャンプ、踏ん張る動作など、足裏に負担がかかるスポーツに伴うスポーツ障害として現れることが多いです。
プロスポーツ選手のけがによる休養の原因となる病気です。

 

一般の方も、長期間の立ち仕事や足に合わない靴を履き続けることによっても起こると言われています。
一日忙しく歩き回る方、健康のためウォーキングやランニングを継続している方、

大切なことはしっかりと足の疲れを取ることです。

 

普段から軽いマッサージや、お風呂につかるなどして疲れをため込まないようにしましょう。

runrun

足底筋膜炎の治療は?

痛みの強い時は、炎症を抑えることが最優先です。
スポーツが原因の場合は、練習休止や練習量減量が必要となります。

足のストレッチをしながら、物理的刺激を避けて自然治癒を待つのが基本的な治療方針です。
抗炎症剤の湿布薬、塗り薬を使用して炎症を押えます。

 

それでも足の痛みが続く場合は、かかとのクッション材、足のアーチを補助する足底板を使用し刺激を緩和することもあります。
プロスポーツの現場では、内視鏡下で足底腱膜を切り離す外科手術をすることもありますが一般的ではありません。

 

営業職や立ち仕事などの方は「仕事を休む」「歩かない」ことは不可能かもしれません。
しかし、なるべく負担を減らす方向で足裏を休ませてあげてくださいね。

足底筋膜炎でやってはいけないこととは?

足底筋膜の炎症をおさえ、柔らかくほぐしていくことが必要です。

足裏を冷やすことはいけません。
痛いからと言って氷で冷やす、冷たい湿布を貼るなどは逆効果です。足底筋膜が委縮して硬くなってしまいます。

 

痛い時に足裏をマッサージすることはいけません。
足が疲れすぎていると素人判断をして、青竹踏みをしてさらに悪化する、なんていう笑えない話もあります。

炎症があるときにもむのは危険です。

 

靴の中敷を追加して刺激を和らげようとしないでください。
インソールの適応は、きちんと医療機関で診断してもらってからにしましょう。
足底板などは、身体に合ったものを選ぶことが必要です。

 

運動を止めない、更に運動して鍛えようとしないでください。
炎症が起こっている時に、運動は逆効果です。

いずれも、きちんと診断を受けて、医師や専門家の指導を受けてください。
まとめ

いかがでしたか?

足の痛みには、足の裏が痛くなる特異的な病気があることを知って頂けましたか?
思い当たる症状がある方は、早めの受診をお願いいたします。

身体の一番底でいつも頑張っている「足底筋膜」。いたわりながら付き合っていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ