股関節から音が鳴る弾発股ってどんな病気?骨盤がズレてるの?

あぐら

歩いている最中、股関節付近から「ゴキゴキ」「ポキポキ」と音がする。
もしかしたら、その症状は弾発股かもしれません。
よく、指の関節をポキポキと鳴らす人がいますが、指の音よりも大きな音が股関節から鳴る場合があるのです。

今回は、股関節からゴキゴキと音がする「弾発股」について、皆様にご紹介させていただきます。

 

関節から音がするとはどういうこと?

関節から音が鳴る主な理由は下記のとおりです。

・骨の歪み
・筋肉の使いすぎによる疲労
・筋肉の衰え
・脱臼している
・先天性の関節異常

先天性の関節異常以外は、一言で理由を言えば「疲労」です。
蓄積した疲労が理由となり、体を動かすときに、つっぱっている筋肉や腱が弦楽器の弦のような状態になり、骨にひっかかって音を鳴らします。

 

何故、股関節から音がするのでしょうか?

股関節には、骨盤や大腿骨など大きな骨がくっついています。
股間の動作を司る筋肉と筋が、筋肉疲労により突っ張った状態になり、歩く度に緊張と緩みを繰り返して音を発します。
具体的には、筋肉が骨に引っかかって、ギターの絃のように弾かれるイメージです。

 

股関節から聞こえる音、ほおっておいて大丈夫?

股関節から音がしても特に痛みがない場合、ついつい放置してしまいがちなのですが、放置することで病状が進行すると、音の鳴る間隔が頻繁になり、さらに痛みを感じるようになる可能性が高くなります。
頻繁に音が聞こえる前の段階で、医師への相談が望ましいでしょう。

 

弾発股の音はどこから聞こえてくるの?

音の鳴る部分を注意深く聞き比べると、太ももの外側から聞こえてくるのか内側から聞こえてくるのか、音の出所を聞き分けることが出来ます。

太ももの内側(前側)から聞こえてくる場合、太ももの付け根にある「鼡径部」と呼ばれる部分から音が出ている可能性が高いと考えられます。
腰の骨と股関節を繋ぐお腹側の筋肉が動く時、動きにつられて音が聞こえてきます。

太ももの外側から聞こえてくる場合、お尻の側面から太ももを繋いでいる筋肉の動きにつられて音が聞こえてきます。
歩くたびに、太ももの付け根あたりにある骨にひっかかるような動きになりやすく、引っかかった筋肉が元に戻るときに「ポキン」という音が鳴ります。

 

弾発股の原因は何でしょうか?

股関節から音が鳴る原因は様々にあります。
股関節は人間の要とも言われる骨盤と密接な関係にあり、体重を支える重要なポジションにありますから、必然的に疲労が重なります。

蓄積疲労により骨盤が歪み、その歪みが股関節に影響を与える場合があります。
また、健康に良いと思って行っているスポーツやヨガによる疲労蓄積が原因になる事もあります。
股関節を大きく動かすポーズや腱を伸ばすような運動は、適度なら体に良い影響を与えてくれますが、回復が追いつかないほどの負荷を与えてしまうと弾発股になる可能性が出てきます。

 

弾発股の対策はどうしたらいいの?

適度な運動
弾発股の対策をいくつかご紹介します。

 

・あぐらをかかない(座禅など)

あぐらをかくような姿勢をとると、必然的に筋肉が股関節に引っかかるような動きになります。
頻繁にあぐらをかく姿勢を繰り返すと、股関節に負担がかかり、症状を悪化させる場合がありますので注意が必要です。

・運動不足にならないようにする

弾発股は疲労が要因と考えられるものの、そもそもの筋力が弱くてもダメなのです。
股関節周辺には、体を支える為の筋肉が何本もあり、日常生活で酷使される部分ですので、他の部位よりも大きい筋肉になっています。
従って、股関節周辺の筋肉は「しなやかで強靭であること」が望ましいのですが、運動不足による筋力の低下が原因で、股関節が不安定になり、弾発股になる可能性が高くなるのです。
股関節は定期的にストレッチしないと可動範囲が狭くなってしまいますので、適度な運動は必要です。

 

弾発股の治療はどうすればいいの?

弾発股の症状になってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?
まずは、とにもかくにも医師に相談して下さい。
なぜならば、その原因が筋肉疲労なのか運動不足による筋力不足なのかによって、治療方法が変わってくるからです。

筋力不足が原因の場合、適度なストレッチや定期的な運動によって症状を改善させることが出来ます。

筋肉疲労が原因の場合、運動を一旦止め、体を休める必要がありますので、ストレッチなどは厳禁です。

必ず医師や整体師に相談し、自分に合った治療法をアドバイスしてもらいましょう。

 

悪化する前に病院へ

いかがでしたでしょうか?
痛みもなく、股関節から音が鳴る所からスタートする弾発股ですが、ほおっておくと痛みを感じるようになってしまいます。
股関節に違和感を感じたり、音が聞こえるようになったら、すぐに医者に相談するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ