膝が痛くなるオスグット病は、筋肉や骨の成長段階に起こりやすい症状です

 

 

成長期に起きやすいオスグット・シュラッター病

ai5

オスグット病というと、小・中学生やその保護者であれば耳にしたことがあるかもしれません。

 

正式な名前はオスグット・シュラッター病といい、小学生から中学生あたりの成長期の子供に発症しやすい膝に起きる病気です。

 

このオスグット・シュラッター病は部活動でバスケットやバレーボールなど、ジャンプをすることが多いスポーツを行っている人に多く見られる病気です。

しかし、小・中学生は授業で体育があるため、体育程度のスポーツであってもオスグット・シュラッター病を発症する可能性はあります。

 

また、高校生であっても短期間で大きく成長することがあれば発症することがあります。これは成長痛ともいえます。

 

 

では、なぜオスグット・シュラッター病は成長期の子供に起きやすいのでしょうか。

 

 

オスグット・シュラッター病が起こる原因と症状

 

脚は膝上の大腿骨と膝下の脛骨からなっています。

その脛骨には膝上の筋肉から延びる膝蓋腱がつながっています。

つまり、脛骨は膝上の筋肉から引っ張られている状態です。

 

成長期は軟骨成分が多いため、ジャンプを伴うスポーツを行うことで膝蓋腱が引っ張られ、脛骨と膝蓋腱のつなぎ目が剥がれてしまいます。

これが、オスグット・シュラッター病の原因です。

 

膝蓋腱が脛骨から剥がれてしまっているわけですから、痛みを伴い、スポーツを行うことができなくなってしまいます。

 

ずっと痛むわけではなく、少し休息をとることで痛みは改善されます。

ですが、それで治ったわけではなく、運動を再開すると痛みも再発します。

 

 

この膝の病気の治療法は?手術で完治するの?

 

オスグット・シュラッター病の治療は主に筋肉を緩めるものが効果的です。

膝上の筋肉が緊張状態になることで膝蓋腱を引っ張ってしまい、剥がれている箇所をさらに刺激してしまうので、筋肉の緊張を解くことが効果的なのです。

 

部活動の練習後には温かいお風呂でしっかりと温めることで、筋肉の緊張はほぐれていきます。

痛みを感じるとアイシングを行う場合がありますが、冷やすと余計に筋肉がかたまることがあるので、アイシングは避けた方が良いでしょう。

 

また、サポーターをつけて練習をするという方法もあります。しかし、サポーターはあくまでも痛みを軽減するものであり、治療になるものではありません。サポーターをつけて練習をすることは、知らぬ間に症状を悪化させることにも繋がりかねません。

 

サポーターは、どうしても試合に出なければならない時などの応急処置として使いましょう。

 

オスグット・シュラッター病は症状が進行すると手術が必要になることがあります。しかし、この手術は必ずしも痛みが治まるとは限らず、術後はリハビリを受ける必要があります。つまり、絶対に練習や試合には参加できなくなるということです。

 

このことを理解したうえで手術を受けるべきですし、膝に痛みを感じた場合はオスグット・シュラッター病である可能性が高いので、痛みを我慢せずに病院へ行き早期治療を受けるべきです。

 

 

処置をしっかりしないと後遺症が残る場合もある

ai6

この病気は、適切な治療を行わずに放置しておくと後遺症が残る場合があります。それは大人になったときに発症します。

 

例えば、大人になって社会人チームなどでスポーツを再開することもあるでしょう。

その時、オスグット・シュラッター病の痛みが再び戻ってくるのです。

大人になってからの再発は非常に厄介で、手術をしなければ治りません。もちろん手術後はリハビリが必要になります。

 

また、スポーツをしない場合でも、仕事においてしゃがむことが多ければ膝に負担がかかり再発することもあります。

 

子供のうちにしっかりとした治療を受けておくべきです。

 

一旦痛みが引いたとしても、きちんと治療を行うことが大事です

 

オスグット・シュラッター病は成長期であれば誰でも発症する可能性のある病気です。しかし、きちんと対処しなければ、後々も付き合っていかなければならなくなります。

 

運動前後にしっかりとストレッチを行うことで、発症の危険性を下げることもできますし、早期に発見できれば、決して治療は難しくない病気です。

 

もし、今部活動などでスポーツをしているのであれば、練習を休みたくないという気持ちも分かりますが、将来のことも考えて、我慢せずにきちんと治療を受けるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ